スター銀行カードローンのデメリットは?

スター銀行カードローンで一番注目されるのは、やはり借り入れ額の多様さと金利の安さでしょう。
消費者金融では貸金業法の法定金利いっぱいの18%で貸すところがほとんどですから、スター銀行カードローンの4.
5%〜14.
6%の金利は魅力です。
特にデメリットが見当たらないように思いますが、それでも気を付ける点はあります。
他の銀行のカードローンの中には、時間外手数料が完全無料などの、ちょっとした手数料のサービスを行っているところがあります。
しかし、スター銀行カードローンでは、東京スター銀行のATMをはじめ、すべてのATMの手数料がそのままかかってしまいます。
他には、審査が少し厳しめだという話を多く聞きます。
デメリットといえば、このくらいで、後は使いすぎや借りすぎに注意すれば良いのではないでしょうか。
楽天銀行カードローンは個人事業主でも借りれる?審査はどう?