保険の見直しをするなら無料でプロに相談しよう

よく聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、FPが提案した保険に相談者が加入した際に手数料が支払われるからです。

このシステムは相談者にとっては、様々なメリットがあります。

相談者が加入をした時に初めて収入があるということは、契約してくれなければFPは無料奉仕で赤字状態になるため、FPの方達は紹介する内容の熟知や紹介時の説明の質を高めています。

そのため、保険自体が相談者に合致していて、疑問などにしっかり答えてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現状のままの方が最良なら別の保険を勧めたりもありません。

皆さんも保険についてわからないことがあれば気楽に相談してみましょう。

家計がギリギリ、でも将来のために貯金はしたい!という方はどの支出を節約しましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

それでも家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログを見ると現在の保障内容をライフプランなど様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも信頼できる方が担当者になるまで様々なサービスを利用するのも良さそうです。

保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、相談者に提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料をもらうことでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料の高い保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいるそうです。

逆に、相談料が必要な場合、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

営業の人に提案されるがままに保険を契約してしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を検討してはどうでしょうか。

知識がなくても保険の専門家が今はどんな保険に入っているか、もし現在のライフプランに合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、その結果、必要のなかったオプションを外したり別の保険に変えることで保険料負担が減ることもあります。

また、保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

広告を見て保険無料相談を申し込んでみたけれど、いまいちこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談の値段相場を調べてみたところ大体5000から20000円くらいと出てきました。

有料で相談を行うメリットとしては、料金が発生しているので強引に契約を狙うものではないことや実績のあるFP、優秀なFPが担当してくれることが多い。

そのため、お客様の立場で最適なアドバイスをしてくれる可能性が高いです。

また、ほとんどの有料相談サービス業者では、FPに対して独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点も自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料相談で済ませたいと言う場合は、信頼できる担当者に当たるまで相談を繰り返してください。

テレビでよく見る保険無料相談のCMですが、CMによっては利用方法がよくわからないこともあります。

なので、ここでは無料相談の利用方法について書きます。

一般的にどのサービスもインターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

FPとの面談では最初に、将来の希望や保険に関する疑問、契約中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから何種類もある保険の中から最適な保険を提案します。

再度、どういった内容がライフプランにと合っているか保障内容が合っているかを一緒に確認します。

車の買取などで見積もりをお願いしたことってありますか?見積もりを取った後に面倒なのが見積もりに対しての最速の電話です。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが最近では、電話が苦手という方が多いイメージを持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘を行ったり、強引に勧誘してくるなど評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に際してのトラブルに気をつけています。

また、もし強制的な勧誘を行うFPが担当になった場合はストップコールという制度があり、電話一本で勧誘・相談のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険を契約している人でも年収や支出などが加入当時と比べて変わっている項目が多いと思います。

なので、無料相談で今の生活状況や将来の希望に合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に高額なギフト券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針に対して各サービスでは、商品券から牛肉やお米などの景品へ変わっています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを行っているサービスがありますが、これは明確なルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険の相談を考えているのならば、キャンペーン目的ではなくサービスを提供している企業の情報を調べてから選びましょう。

今すぐに相談をしたいなら街中にある保険ショップという選択肢もあります。

保険無料相談で商品券をプレゼント!という販促の方法を最近は見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるという販促活動をするのは禁止になったからです。

指針の具体的な内容としては換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性の低い商品なら問題ない」とも解釈できるので一部のサービス業者では商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う内容で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、加入を検討しているならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットの情報を参考にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めたはいいものの、月々の料金がキツい、実は保障内容を忘れているという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

当然のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

勇気を出して相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低くなった、今の家族構成により合った内容に見直しをしてもらえたという話も多いです。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

保障内容の見直しや現在の契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでもそういったことはあるのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら結局保険を契約させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と快く言ってくれて安心できた、本当に内容の確認だけでもOKだったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しの機会を考えている人は安心して相談してください。

最近ネット広告など様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社からすると、案内した保険に切り替えてもらうことで収入になります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談に行ったら必ず保険に加入しないとダメそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

近年、人と同じようにペットの家族化、が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、動物病院で病気の治療を行った際の治療費を保障する保険です。

日本全国の動物病院で入院給付金や手術給付金を給付できるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあります。

ただ、1年ごとに行うワクチン接種は保険適用外になりますので若いペットの場合は必要ないから加入しないという考え方もあります。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも取扱をしていますので相談してみましょう。

引用:【保険見直し】あなたに合った保険をプロがアドバイス!【相談無料】