証券取引にかかる手数料の種類

証券取引にかかる手数料は証券会社によっても異なりますし、証券の種類によっても異なるでしょう。
一般的な傾向としては、国内株式を売買するときには小額の売買委託手数料が必要となってきます。
外国株式を売買するときには売買委託手数料が必要となりますが、このときの売買委託手数料は比較的高いと言えるでしょう。
新規公開株に関しては手数料が必要とならない場合が多いでしょう。
国債や社債などについても手数料が必要とならない場合も多いようです。
投資信託については投資信託ごとに異なります。
その代わりに信託報酬という手数料が高いものもあります。
証券会社で取引できるFXに関しては、手数料体系も様々です。
また、スプレッドやスワップポイントも証券会社によって異なりますが、スプレッドやスワップポイントも手数料の一部と考えられるでしょう。
先物やオプションについても売買時に手数料がかかりますが、これも証券会社によって異なります。
このように、証券に関する手数料は証券会社によっても異なりますし、証券の種類によっても異なるのです。
内藤証券中国株!手数料は?【提供情報も注目】